CAVEのSTGを中心に、他にも漫画やアニメについて触れる趣味のブログ

コミックブレイド8月号 魔法少女プリティ☆ベル 第20話

ああ、うん。ごめんなさい。すごく遅くなりました。何でだろうね、ははは。
ということで、魔法少女プリティ☆ベル第20話についてです。

あらすじ
ミルココから明かされる魔法少女プリティ☆ベルの誕生秘話。
初代プリティ☆ベルは9歳の女の子。
名前は桃地美雪ちゃん。
ある日、美雪ちゃんの夢の中に光る球体が現れる。美雪ちゃんがそれに触れるとリィン・ロッドの形に変化。夢から覚めた美雪ちゃんの手にはリィン・ロッドが・・・。
それから美雪ちゃんは不思議な力を手に入れる。
自分の頭の中の創造物がリィン・ロッドを通して具現化される。
しかし、中には喚んではいけないものもあるという。
クトゥグア
全てを焼き尽くすクトゥルフ神話の炎の神性は、召喚者自身をおも焼き尽くす危険な存在だという。

リィン・ロッドの力に引かれてやってくる魔族たちを退けていたある日。
そいつは姿を現す。
「やぁ 魔法少女プリティ☆ベルって君かい?」
「んふふー かわいいね」
続きを読む
スポンサーサイト

コミックブレイド7月号 魔法少女プリティ☆ベル 第19話

前回よりは遅れてない(キリッ)
ごめんなさい。遅くなりました。
もたもたしてたら、単行本4巻発売しちゃった(テヘ)
単行本の特典は、メロンはブックカバーです。
とらはまだ届いてない。
あと、まだ読んでないんだ。これから読むつもりです。おまけページが気になる。
では、今げ・・・ゲフンゲフン すいません先月号の内容ですがお付き合い下さい。

あらすじ
桜に寄り添っていた謎のケモ耳美女は北軍の使者だった。ドゥール・ヴァリオンの直々の召喚にもかっるいノリで応対する桜。しかし、着いた先で桜の表情が一変する。謎の物体の対処法を依頼される桜。一通りの策を練るが功を奏すのか?

一方、南軍の見学に来た厚志たち一行。そこでシャルエルの力の一端を目にする。最弱にして最強の大魔王。霧の女王には誰一人として触れられない。厚志ですら冷や汗をかくほどの脅威。そして、シャルエルの元にドゥール・ヴァリオンから電話が掛かってくる。魔術的盗聴を恐れての電話回線。彼がもっとも言いそうにない一言「頼む」そういって彼は電話を切った。ただ事でないことを感じ取り、ドゥール・ヴァリオンの元へ赴くことになったシャルエル。それを訝る厚志。

南軍より帰宅後のある日、ミルココたちが墓参りに出かけるという。皆もついてくるように言い。その故人について語りだす。
「桃地美雪ちゃんって女の子・・・」
「初代魔法少女プリティ☆ベルよ」
続きを読む

コミックブレイド6月号 魔法少女プリティ☆ベル 第18話

7月号が出ているというのに、6月号の18話の感想っぽいものです。
すいません。さぼりました(ぉぃ)


あらすじ
ストライクウィザーズとの模擬戦が終了。パンツの脅威は去った。
訪れるつかの間の平和。
脅威のパンツの変わりに、美女達の水着が紙面に所狭しと、わーお!!
そして、お風呂シャルエルさまのポロリもあるよ。
そんなこんなと厚志たちが平和を満喫している頃、別の場所で計画は着実に進行していた。
太平洋
南緯47度9分
西経126度43部の海の底。
海底都市 聖都ルルイエ
海魔たちの都市。
海魔王ダゴンとその子息たちによるプリティ☆ベル殲滅のための円卓会議が開かれていた。
あまりにも無謀な行動を起こそうとする王子たちを制止し帰路に付く途中、ルラと綾香ちゃんの前に一人の海魔の女の子が現れる。
殺されると泣きつく女の子を助けたいと強く願う綾香ちゃんに、ルラが命がけの提案をする。
腐った政治を行う海魔上層部を葬りさり、政権を明け渡そうというものだ。
ヨグ=ソトースの鎌の基礎修練を終えた綾香ちゃんの始めての実戦。
綾香ちゃんが鎌を振り下ろす動作と同じく海魔たちは魔力障壁を張る。防がれた。そう思われたが魔力障壁を形成していたダゴンと王子達は一瞬にして消し炭になる。
ルラの思惑を超えて成長する綾香ちゃんに、とんでもない拾い物だと心を震わす。
そして、着実にルラの思惑が進行していく。

久々の平和を満喫できた厚志たちは、シャルエルから南軍に招待される。
出発前夜、桜をデートに誘おうとするアクア。しかし、桜の下には涙を滲ませ抱きつく一人の女性が。
果たして彼女の招待は・・・
続きを読む

コミックブレイド5月号 魔法少女プリティ☆ベル 第17話

なんというかアレです。最近めっきり遅くなって申し訳ない。
26日ってあ~たっ、漫画の感想書くってレベルじゃねーぞ!!な日数だよ。あと4日で次号でちゃうよコレ。どーすんのコレ。え、読んでくれてる人だって呆れてるよコレ。と、どっかの銀髪のお侍さんにツッコまれそうです。
まぁ、気を取り直して17話の感想らしきものです。

あらすじ
パンツじゃないから恥かしくないもん!!
そう言いながら現れたのは、西軍機動空戦隊『ストライクウィザーズ』。
西軍の技術者がアニメよりインスパイアした新兵器の実験をかねて、厚志に模擬戦を挑んできた。
そして、惨劇は起こる・・・。隊員の一人の分身が明らかに外の世界に挨拶していたのだ。アニメよりヒントを得たそれはあまりにも忠実に再現しすぎていたため、装着者は通常のズボンを履くことを許されなかった故の事故。そうこれは事故なのだ。決して自身の偉大さをひけらかしていた訳ではないのだ。世間の目が冷たくても負けるなベイカー伍長。闘えベイカー伍長!!私は君の見方だ!!

厚志とストライクウィザーズの模擬戦は、ストライクウィザーズの全線も虚しく厚志の圧勝で終わる。
模擬戦終了後、健闘を称えあう厚志と隊長。隊長からの個人的な礼として、各陣営に怪しげな影が見え隠れすることを知らされる。暗きものはもうそこまで迫ってきているのだった。

そのことを肝に銘じながら厚志は僅かばかりの安息の時間として、かねてから約束していた海へと皆と繰り出すのだった。
続きを読む

コミックブレイド4月号 魔法少女プリティ☆ベル 第16話

非常に遅くなってしまいました。何とか5月号が出るまでに間に合った。
今回16話と番外編の2本立てだったのですが、感想らしきものは16話だけです。ちょっとそれまでは間に合わない。申し訳ないです。面白かったので、是非本誌を読んでみてください。もしくはコミックで読んでね。


あらすじ
デーモンジャーを微塵に吹き飛ばそうとするレモネードの前に復活した桜が現れる。レモネードの興味は桜に完全に移り、シスターエンジェル、デーモンジャーの面々は危機を脱する。危機を脱したものの、マスケレイタが朦朧としながらなおも立ち上がり彼女たちを殺そうと向かってくる。何が彼をそうまで駆り立てるのか・・・。意識を失いながら、彼は過去を思い出す。平穏だった日々。愛していた人との日々。そして、彼の声も届かない無残な姿になってしまった最愛の人の最後。彼のあてのない復讐劇はそこから始まった。意識を取り戻した彼は、復讐の対象であった天使に助けられたことに苦悩する。自らもこの復讐に意味はないことは気付いているが、もはや頭で理解できる状態ではない。感情を超えて復讐という行為のみが彼を突き動かしている。そんな彼を厚志が殺意で抑えつける。顛末に涙するガーネットではあったが、厚志の真意を聞き表情が変わる。これから彼は変わっていけるのだろうか。
マスケレイタとの一件も片付き、一息していると西軍の部隊が突如模擬戦を申し込んでくる。しかし、彼らのいでたちは、なんと全員が下半身ブリーフのみの異様なものであった。
おいズボンはどうした?
続きを読む
『猫神やおよろず 神饌音盤 巻の三』 応援バナーキャンペーン
プロフィール

Barrage71

Author:Barrage71

自己紹介
ローザさんまじ天使

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
DigitalClock
twitter

Barrage71 < > Reload

バナー応援中
『がんばれ!消えるな!色素薄子さん』第4巻発売中

『春風いちばんっ』全2巻発売中
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
RSS
リンク
Xbox Friends
投票BOX
投票終了
投票して下さった方々ありがとうございます。