CAVEのSTGを中心に、他にも漫画やアニメについて触れる趣味のブログ

コミックブレイド10月号 魔法少女プリティ☆ベル 第10話

先月の冒頭の挨拶なんだあれ(笑)
『暑さをも引き飛ばしそうな』って・・・。いや、こっそり修正したんですが。あまりの暑さでおかしくなったのかしら。

さて、色々あり、非常に遅くなりました。
コミック第2巻発売直前の第10話。今回はどんなお話?

前回のあらすじ
魔法少女にならないかと綾香ちゃんに近づくルラ。
突然の事に戸惑いを隠せない綾香ちゃん。そして、言葉巧みに説得するルラ。
不意に綾香ちゃんの痣に気付くルラ。問い詰めると母親が連れてきた男からの虐待によるものだった。
優しかったママは、あの男のせいで変わってしまったと思いこむ綾香ちゃんの心の隙間に這い寄る影。
魔法少女の最初の敵として、その男を選ぶ。
思惑通り綾香ちゃんを魔法少女として仕立て上げたルラの胸中は燃え上がる。
「また一つ・・・這い寄った・・・」

別の場所で狂犬・桜の目の前に現れる謎の人物
「このシスターガーネットが
天に代わって・・・お仕置きします!!」
ビシィっと決まったこの人物は何者なのか?


「構えなさいっ 『狂犬』・・・ 桜!!!」
身構えるシスターガーネットに対して、呆然とする桜。
そこへ何かの影が前をよぎる。

どぅるあああああああああああ!!!
涙目で、パンチラどころではなく、服が捲れ上がった状態の眼鏡のシスターが飛び膝蹴りで乱入。
ガーネットの頬にクリーンヒット!!

え・・・・・・
ええ~~~・・・・・・

ちょ、えぇえええええ!!!
そりゃ、桜じゃなくてもええ~~~ってなりますよ(笑)
さっきまで凛としていたガーネットの顔が、見事に不細工に!!超不細工に!!!記録として残されたくないぐらい不細工に!!!!!
あまりの不細工さに某筋骨隆々の何か他の漫画かと間違えたよ。

「アホか貴様はああああああっ!!!
皆 見つけたわよ!!!」

ガーネットの胸倉を掴み引っ張りお越し、飛来してきた仲間と共にフルボッコ。
うわぁあああ、酷ぇ。みなさん容赦なく殴ったり蹴ったりしてるんですが。
そして、その惨状を見た桜の感想が『漫才』って、オイ(笑)いや、そう見えなくもないけどさ。

「えっと・・・」
「あ」

「いや ゴメンな
バカが一人暴走してさ」

代表して桜に謝罪するグラサンのシスター。謝罪はするものの相手は狂犬桜、完全に青ざめるガーネットを除く4人。ガーネット以外も、みな修道服姿で背中には立派な翼が。

「皆 何故止めるの!?
例え相手が強くても力を合わせれば・・・」

「勝ってどうすんだ!!!」
「もうケンカしないように言うの!!」
「ほぉおおお!!
魔王クラスとどつきあってメリットは喧嘩屋一人更正か!!!」

ガーネットは超真剣な様子ですが、こいつぁ完全にアホの子ですね(笑)他の仲間が、その暴走を止めようと必死ですが、もはやコント。それをじっと見守る桜。
再びシスターたちに緊張が走るが、女性とはケンカしない主義の桜のおかげで一応首の皮が繋がる。

ガーネットの首根っこを掴み帰ろうと促すグラサンシスター。
「リーダーなんだそいつ
つかお前ら何?」

若干冷たい視線を向けながら桜が問う。
「ふっ・・・問われて名乗るもおこがましいが・・・
我ら 天界遊撃部隊」


「修道服美少女戦士
シスターエンジェル!!!」

バシィッって決めてるけど、名前そのままかい!!!しかも他のお仲間は冷ややかな視線なんですが・・・。そして、やっぱり桜も反応しない。
ここで他の仲間の名前が判明。
一番最初に飛び込んできた三つ編み眼鏡のシスターアクアマリン
次にグラサンの某暴力教会のシスター似がシスターダイアモンド
ソバージュが掛かった髪の背の低いシスターがシスターエメラルド
おかっぱで大人しそうな感じのシスターアメジスト
イメージ色が赤・青・黒・緑・紫の5色で完全に戦隊ものですね(シスターダイアモンドについては色が特定し辛いですが服が黒であることからブラックダイヤと推測)。

「なんか・・・ご苦労さん」
とうとう労われる始末。
「あー・・・あんた意外といい奴だねー
飲みに行かない?」

ダイアモンドの誘いで6人で飲みに行くことに。

とある居酒屋。
「ふーん 天界のオチこぼれ部隊なのか」
このシスター達はミルココに鍛えられたけど、天界の命令とミルココ達の教えの違いがかけ離れれていて、天界からは命令遂行能力の烙印を押されて放置されてる状態だそうです。
しかし、「落ちこぼれ」じゃなくて、オチってわざわざカタカナなのは、ギャグ要因だからなんだろうか。いや部隊名からして、そうなんだろうけど。桜も結構酷いなあ。
放置されてることに関してガーネットは
「ほっとかれていいの!
私たちは人々の平和を守るため悪と戦うんだから!!」

と、強く主張。
おお、先輩の教えをちゃんと守って素直で真面目だ。ちょっとアレな気がするが。

「で さっきの修道服美少女なんとかってのは?」
「ああ・・・『双索敵手ツイン・レーダー』がつけた部隊名だよ・・・」
頭を抱えながら応えるダイアモンド。
「先輩方 結構いい性格されてまして・・・
決めポーズの練習までさせられました・・・」

思い出して暗くなるアメジスト。
名前だけでも結構辛そうなのに決めポーズまでとか。なんて酷い仕打ちだ。しかも天界では正式名称として登録ずみだそうだ。き、鬼畜や、あのロリb・・・おっと危ない。消されるところだった。エグイな、あの二人。
「え?可愛い部隊名じゃん
ポーズもかっこいいし」

そして、この反応である。
彼女はどこかネジが飛んでいるのかもしれない。

「やかましいわ
お前らと違って あたしは少女なんて見た目じゃねーんだよ」

「しかも自分で美少女とか・・・ あー死にたい」
ですよねー。自画自賛とか勘弁して貰いたいよね。ダイアモンドもかなり辛そうです。

「なんか苦労してるなー」
桜が若干引き気味。まあ引くよね。

「やー そうでもないよ
やってることといえばチンピラ魔族しばいて更正させるくらいで・・・」

しばいてって・・・。
「ちょっとちょっと!」
それを聞いたガーネットがすかさず割ってはいる。

「永遠のライバル
悪魔戦隊デーモンジャーとの戦いを忘れてるわ!!

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
5レンジャーキター!!
って、なんかまた変なの増えたなぁ(笑)

桜は知ってる様子。しかもケンカを売ったらしい。

「1年くらい前じゃない?
ほら なんかデーモンイエロー(紅一点)以外妙にボロボロで現れたときあったよね」

「それ犯人俺だわ」
犯人はヤス。

「あいつらもアレだろ?
平和のために 悪の天使と戦うとか言ってたはずだが
なんで戦ったんだ?」


その問いに一同・・・
「・・・・・・なんとなく」
おい、ちょっと待て。酷いぞ。どこが人々の平和を守るためなんだよ。
気に食わないからケンカをふっかけるって完全にチンピラじゃねぇか!!!酷ぇ天使も居たもんだ。

「ははっ 戦隊ヒーローと変身ヒロイン夢の共演じゃねぇか
あとはアイツが加わりゃ 日曜朝の番組勢ぞろいだ」


「アイツ?」

「・・・いや 実はな 俺もまだったことねぇんだが

『仮面ライダー』も居るんだよ
居んのかよ(笑)ま、まさか「俺参上!」とか言わないよね?

ぶえっくしっ
噂をすれば、なんとやら。くしゃみをしたのは・・・

「誰か噂をしてやがるな」
赤松焔(デーモンレッド)
って、お前かよ。てっきり仮面ライダーかと思ったのに(笑)
ビジュアル的には思いっきり5レンジャー正統派な熱血なビジュアル。ヤバイ結構好きだ。いや、あっちの趣味はないよ。熱血系も結構好きキャラとして好きです。
こちらも5人集まって飲み会をやってる様子。
「どうせ シスターエンジェルでしょ」
と、飲みながら応えたのは眼鏡のイケメン 青山清十郎(デーモンブルー
他には
ポニーテールの女の子 日吉こがね(デーモンイエロー
渋い!! 黒川小夜彦(デーモンブラック
体格と名前が似合わない、そしてカラーイメージがどうしても山のフドウと被る 原田みどり(デーモングリーン

「早いとこ現れねーかな
新必殺技を試したくてしょうがねぇ」


「レッドはアレだろ
シスターガーネットに会いたいんだろ」


「なっ!!バカ ちが・・・」

「中学生か お前は」
と、他愛もない会話をしている壁の一つ向こうにはシスターエンジェルの面々と桜が・・・って隣かよ!!


次の日

前回というか前日にジロウさんからお誘いがあった『きてみてさわって東軍ふれあいツアー』に参加することに。ジロウさんが治める「関東大異空間」へは前回会議で使ったゲートを使用。異空間のお話は長くなるので割愛。

ゲートを使って「関東大異空間」の広場についた厚志たちの前には反戦デモをする団体が・・・。
「・・・ですから!
私たちは軍の存在を許しません!!!
平和のために私たちはできることがあります!!!
馬鹿馬鹿しいとは思いませんか!!
あんな軍隊を存続させるためにどれほどの富が・・・」


「ああいうの魔族にもいるんですか」
と尋ねるココア。
デモを行っているのは反戦平和団体「明日への希望」東軍支部というそうです。東軍支部ってぐらいだから世界規模の活動してるんでしょうか。
明らかな嫌悪感を現すイタカさんに対して、反対にジロウさんはデモ隊のリーダーリリィに声をかける。
経済、議論、軍事、政治の本を以前に渡していたことに対する感想を求めるも、リリィは経済、議論だけを読んで他2冊は捨てたと返事する。
ははは 経済ってのも面白いモンでしょ
じゃ お客様を待たせてますので また

笑って返すジロウさん。
ジロウさんは、「戦争はイヤだ 平和は大事だ」ということは最もである認めた上で、そこから何をすべきかを考えるべきであると主張し、彼らを導くために声をかけ続けているそうです。
よく腹が立たないですねと聞くリカルドに
人は資源ですよ
あれだけの熱量 空回りさせておくには惜しい・・・


『熱』と『真摯さ』さえあれば誰もが金の卵 よだれを垂らされた・・・・・・・・・からって怒りはしません
と、上に立つものとして器量の大きさを見せる。

そうこうしている内にツアーの目的地に到着。
眼前に広がる光景に一同大興奮。
すげぇええええええっ!!!
ダムだと騒ぐエリちゃん。
そして、厚志まで・・・
「じ・・・ジロウさん・・・
し・・・死ぬまでに巨大ロボットを見てみたいという夢がまさか ここで叶うとは・・・」


おおっ!!
わかってくれますか!!男の子の夢ってやつを!!!

ガシットと固い握手を酌み交わす二人。厚志の顔が超真剣なのが印象的(笑)
敷地内なら操縦もOKということでさらにテンションもアップ。良かったね。
しかし、ガダムというよりかはナイトアフレームみたいだよね。ガウインみたいなのいるし、胸部から背面部にかけて長く伸びてるところなんかが。


そして、別の異空間ではルラたちが魔法少女の特訓を行っていた。
「ヨグ=ソトースの鎌」は空間を切り裂き「魔界」を噴出させる鎌であり、その能力は4つの段階があるそうです。
1.「アッシャー」活動位階
2.「イェッツラー」形成位階
3.「ブリアー」創造位階
4.「アツィルト」原型位階
綾香ちゃんが覚えられるのは2段階までであろうと踏んで、ルラもそれ以上は求めないと明言する。
そして、まずは「活動位階アッシャー」を完全に習得するようにと綾香ちゃんに伝える。
練習として近場の岩を攻撃することに。
鎌を振り下ろす。
振り下ろした空間が裂け、中から異形が飛び出し岩を飲み込む。そして再び空間が閉じる。

「これがこの鎌の基礎にしてほぼ最強の能力
威力は直撃すれば上級魔族も一撃で飲み込み 使用する魔力も少ないが射程の攻撃範囲もでたらめ 関係のないものを巻き込みかねない危険な能力だ」


怖いと震える綾香ちゃんに、だから完璧にマスターしようねと優しく声をかけるルラ。
呆然と切り裂いた岩を見つめる綾香ちゃんを尻目にケータイを取り出すルラ。
その液晶に移された人物は・・・
「明日への希望」
東軍支部
副部長リリィ

何やら嵐の予感を感じさせますね。


再び東軍関東大異空間。
ダッチとエリちゃんに完全におもちゃ扱いされる東軍の二足歩行戦車。
厚志たちはご満悦の様子。
これで実践で使えたらと、ぽつりと漏らすイタカさん。
疑問に感じる厚志たちにイタカさんが分かりやすくフィリップを提示。
通常兵器>超スゴイロボットの長所を見せ付けられる(笑)
まぁね。そりゃ被弾面積とか短時間でパイロットが育成できるとか予算とか考えたらね。
某氏の影響で、どちらかといえば私も戦車のほうが好きです。だって砲台がぐるぐる回るんだぜ!!
現実という大きな壁に打ちのめされる男性陣。


とある山中。
「はーっはははぁっ
見つけたぞシスターエンジェル!!!」


「!!!
出たわねデーモンジャー!!!」

なんとお決まりなやり取り。
ザザンと降立つ5人の戦士。
しかし、見る見る顔色が変わる。そう目の前には以前ボコボコにされた桜が!!!
「な・・・なんでお前 こいつらと一緒に・・・っ!!」

「や なんか意気投合してよ 教会に泊めてくれるって言うから世話んなってる」

「な・・・なにいいいいいっ!?」
『一つ屋根の下!?』
おぃいいいいい!!レッドなのに頭の中ピンクだぞ!!擬音すら書けないような妄想すんな(笑)

「・・・レッドが想像してるようなことはないよ?」
と、間髪居れずダイアモンドにカットされる。

「なっ・・・ばっ 別にそんなエロいこと想像してたわけじゃ・・・」
おい、見透かされてるぞ。お気に入りのガーネットに白い目で見られてますよ。というか、言い訳が中学生レベル(笑)酷いリーダーだ。

そして、始まるバトル。
おいおいおい。思ってたよりすごいんですけど。どうなってんの。お笑い要因じゃ?
そして繰り出される必殺技。
火焔拳バーンナックル!!!

聖十時制圧行進クロスドライブ!!!
技名もカッコもそのままサウスタウンの警備員じゃねーか!!バーニング!!オッケーイ!!!


所変わって天界。
レモネードがアイスを食べながらベンチに座っている。
呼び戻したい人物がいると言っていたのはどうやらミルココのようで、それを口実に会いに行くつもりだったようだが、サンドラのせいで厳戒態勢が敷かれて行き来できなくなったようだ。
そこへ長身の軍服の若い男性、砲兵隊長「山嵐」ドーラが声をかける。
レモネードの部隊に編入された隊員の様子はどうかと尋ねる。
編入した隊員の名前はメリィ・ジェーン。
ミルココに至らないまでも、感知能力に優れており、彼女の編入後は偵察隊の被害がゼロになったそうだ。非常に優秀なそうだ。
そして、現在その彼女は偵察任務でとある山中に来ている様子。
Aチームの部隊長がBチームの様子を連絡中。Aチームは集合地点に到着したもののBチームは到着していない。
「こちらBチーム こっちも集合地点にいるぞ どこにいるんだ」
そう問われて、部隊長は訝しげに集合地点の場所を告げる。
しかし、そのトランシーバーから漏れる声を聞いて、部隊長に声をかける。
「いえ 敵の気配は30キロ四方無いんですけど その・・・」

「今の声誰ですか?」
そのセリフと共に何かがメリィ・ジェーンの後ろを薙ぐ。
飛び散る羽。一瞬にして上半身と下半身が離れる隊員たち。
そして・・・。
メリィ自体も背中がざっくり引き裂かれている。

「なにコレ」

彼女は自らの体から伸びている紐を手に取り、それが何か気付く前に崩れ落ちる。

つい先ほどまで目の前に居たはずの同僚の上半身から黒い影が。
それが何かを確認できたかは定かではないが生き残っていた隊員も・・・。

ザッ
「3番偵察隊 どうした何があった」
それを拾い上げる黒い影。
「なんでもない 1番偵察隊はどこか教えてくれ」

「・・・・・・・・・」

「・・・・・・お前 誰だ・・
トランシーバーを握り潰す影を、バイクの明かりが少しだけ露わにする。
紛れも無き仮面ライダーの姿がそこに・・・・・・。




今回も厚志の登場が少なかったですが、面白い展開になってきたんではないでしょうか?

シスターエンジェルとデーモンジャー。
意外や意外。戦ってみるとけっこう強い感じがしますね。
シスターエンジェルはミルココとの縁が強く、その教えもしっかりと守っている様子。そして、デーモンジャーも魔族ではあるけれど、その性質はシスターエンジェルに近い。そこへ厚志とつながりのある桜が入ってきました。これは個人的にはいい展開が期待できるんじゃないかなと思います。何らかの切っ掛けで、この一団が厚志たちプリティ☆ベル側につきそうです。正義を掲げる彼らが厚志と絡むとかなり楽しそうです。そして、またドゥール・ヴァリオンが桜と接触しようとしているのが、どのように絡んでくるのかも気になりますね。
キャラもなかなか立ってて好きです。活躍するといいな。

東軍ツアー。
あこまで手の内を明かしている辺りジローさんは、多分最後まで厚志側につくんだろうなと予想。今までの話からも、彼は徹底したリアリストですが、巨大ロボットを作ったりする一面からも意外と内はロマンチストなのかもしれない。実現したい大きな理想があるんだろうなと思えてきました。ただそれを実現するためには、表に見せてはいけないんだろうな。怖い人物ではありますが、それ同時に頼もしい人物だと思える。

反戦平和団体。
ジローさんの度量の幅を見せた部分ですね。
私はこの手の団体が好きではないです。理想ばかりを唱えて、汚いことには手を染めない、見ようとはしない。そんなことで理想が叶えられるなら誰だってそうする。でも、そうではない。省きましたが、イタカさんの言葉がそのものだと思いますね。
リリィは、ルラとつながりがあるようです。まあ、彼女も騙されてるクチでしょう。事を起こした時のジローさんの反応が気になりますね。

ルラと綾香ちゃん。
綾香ちゃんは完全にルラに依存してしまった感じですね。やはり母親の問題を解決してもらったのは大きいようです。綾香ちゃん自身は、ダークサイドに落ちそうな感じはしないのですが、上手く利用されるんでしょうね。ちょっと見ていると複雑な気分です。
「ヨグ=ソトースの鎌」すごいですね。だてにヨグ=ソトースの名を冠していないですね。というか、第一段階であの威力はないわ(笑)ルラは2段階までしか期待してないようですが、漫画的にはやはり4段階まで行くんでしょうね。どんな威力なのか想像つかない。綾香ちゃん自身が無事で済まなさそうです。

仮面ライダー
やっぱり出るんですね。でも、シスターエンジェルやデーモンジャーとは毛色が違う様子。しかも、レギオンの部隊を一瞬にして全滅させるほどの力量。何故レギオンを襲ったんだろうか。次号でわかるでしょうか?それによって彼の立ち位置が決まりますね。今回の印象としてはあまりよくないなあ。かなりダークなイメージ。
さて、ルラ、レモネード、シスターエンジェル、デーモンジャー、仮面ライダー(仮面ライダーは多分バイクに乗っていた、憂いを帯びたイケメンの人だと思う)で1巻にチラッと出てきたメンツが全員揃いました。
KAKERU先生の構想通り人物が揃った感じでしょうか?
ここからどんな展開になるのか正直予想がつかないのですが、その予想がつかないのが本作の楽しみですよね。
次号以降どんな話になるのか、期待せずにはいられない!!

さて、本日は
魔法少女プリティ☆ベル
第2巻の発売日です。

私はとらで予約したので、しばらくは手元に届く予定はないです。
届いたらまた何かまとめみたいなのできればいいな。


関連リンク
月刊コミックブレイド 1月号 前代未聞の魔法少女もの
コミックブレイド9月号 魔法少女プリティ☆ベル 第9話
関連記事
スポンサーサイト
『猫神やおよろず 神饌音盤 巻の三』 応援バナーキャンペーン
コメント
南の魔王は間違ってる
おおぅ、最新号はそんなことに。<まだ読んでない

とりあえず手元の2巻を読む。
あー、ようやく連載を読み始めたトコロにたどり着いた。
ジロウさん初登場回から読み始めたんですよね。
だから、今まで知らなんだ。
BC能力、怖い。超怖い。

2巻のキャラプロフィールは素敵でした。
マイヤーとか、魔王たちとか。

そして、南の魔王は雑誌間違ってると思いマス。
2010/09/11(土) 22:55 | URL | カリョウ #qsvP4ThM[ コメントの編集]
Re: 南の魔王は間違ってる
コメント いつもありがとうございます。

2巻はまだ手元にないので確認できてないです。
1巻のプロフィールも面白かったので、今回もかなり期待してたり。
マイヤーと魔王たちですか。どんな設定になっているのかな。

たしかにシャルエルは、ちょっと雑誌間違ってますよね。
だが それがいい!!
2010/09/12(日) 00:43 | URL | Barrage71 #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Barrage71

Author:Barrage71

自己紹介
ローザさんまじ天使

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
DigitalClock
twitter

Barrage71 < > Reload

バナー応援中
『がんばれ!消えるな!色素薄子さん』第4巻発売中

『春風いちばんっ』全2巻発売中
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
RSS
リンク
Xbox Friends
投票BOX
投票終了
投票して下さった方々ありがとうございます。