CAVEのSTGを中心に、他にも漫画やアニメについて触れる趣味のブログ

コミックブレイド12月号 魔法少女プリティ☆ベル 第12話

だんだんと秋も深まり(深まってるのか?)、寒さも増してきました。
作中の厚志のカッコを見るたびに寒くはないんだろうかと疑問に思う日々。
しかし、作中は新たな展開で熱さを増してきていて、読むだけで興奮して暖かくなってきますね。
さて、そんな新たな展開を見せるプリティ☆ベルの今回の話はどんなのでしょうか。


前回のあらすじ
東軍ツアーを終え、帰宅しようとする厚志たちをジロウさんが呼び止める。
ジロウさんの前には巻き藁が2体。それを斬ってみせるジロウさん。
何でもないような只の殺陣に見えたそれは、トンでもない技量であり、厚志をもってしても肝冷やすほど圧倒的な力を見せ付けられた。
その頃、アメジストの無差別攻撃によって動くことの出来ないシスターエンジェルとデーモンジャーの変わりに買出しに出かけることになった桜。
出先で変わった気配を纏いバイクを駆る魔族とすれ違う。
桜の喧嘩癖が出てその魔族と戦うことに。
相手はなんと、天界の偵察部隊を壊滅させた仮面ライダーの魔族、マスケレイタであった。
桜とマスケレイタの勝負は刹那にして決まる。大地に立っていたのはマスケレイタという驚愕の展開。
シスターエンジェルたちが居る教会に戻った桜は、彼女たちに修行を手伝うように強要する。
そして、走り去ったマスケレイタは、厚志たちが住む街を通りかかる。
異常な殺気を察知した厚志たちは、マスケレイタに職務質問をすることに。
「我々の街に何か用かね?」


「そうか やはり男だったか」
「紛らわしくて悪いねぇ・・・」
「いや・・・『本当に少女』ではなくてよかった」
いやいやいやいやいや、厚志さんそれはないっすわぁ(笑)
全っ然、紛らわしくねーよ!!!
どこの世界にそんなガチムチでカク刈の少女がおわすのか。

本題に戻って、何故殺気を振りまきながら街を走行しているのかを問う。
「殺気?」
「ああ・・・それはあれだ」
ごくり。な、どういう理由なんだ・・・。

思い出し殺気というやつだ」
ねーよ!!何だよそれ(笑)
「そんな思い出し笑いみたいな・・・」
さすがの厚志もその応えは予想してなかったようで、汗かいてます。
『ちょっと天然だこいつ・・・』
いえ、だいぶ天然です。モカさんもびっくり。

とりあえず、厚志たちのいる街に特別用があるわけではないとのこと。
しかし、マスケレイタは自分の気配を察知したことを訝しがる。
私の殺気を・・・・・感知するとはずいぶん高度な感知能力だな」
何かを感じ取った厚志は
「ああ この感知能力が自慢でね」
と誤魔化す。
マスケレイタには誤魔化したことがバレているのか、様子が少し変わりさらに続ける
「そっちの女のカメラとマイクは何だ?」
「基地で仲間が見ているんだよ」
今度は誤魔化さず、真実で返す。
異様なまでの疑りの眼差しで、カメラを睨め付ける。
興味がわいたので、基地に招いて欲しいと尋ねるが、秘密基地だからと断り去ろうとする厚志。
「待て」
明らかに強い口調で厚志を呼び止める。
「プリティ☆ベルには確か天使がついていたはずだな」
「情報は渡せないよ」
「いるんだな」
「黙秘する」
プリティ☆ベルである厚志より、天使であるミルココに対して異常なまでの執着心を見せる。

「・・・やはり 俺には腹芸は無理だな・・・」
溜息をつき、腹の探りあいは性に合わないと感じた彼からは、突如殺気が立ち上り厚志の目の前で変身する。

「その天使の居場所 吐いてもらおう」


ダブル・バイ・セップス!!

厚志の先制攻撃。相手が動く前に、ダブル・バイ・セップスによって戦意を削いで戦いを回避するつもりなのだろう。
しかし・・・
「!!!」
マスケレイタの足は地面を蹴り、厚志に向かって飛び蹴りを仕掛ける。
瞬時にサイド・チェストによる防壁を形成しマスケレイタを跳ね返す。
地面に押し戻されたマスケレイタの表情は仮面によって読み取れないが、厚志を見上げる様子は少し意外と言った様子。

「参ったな・・・これで全く心が折れない相手はやばいんだよねぇ・・・」
少し汗を浮かべ、困った様子の厚志。厚志の脳裏に過ぎるやばい相手は、桜、シャルエル、ジロウさんの三人。確かに、会議の時シャルエルとジロウさんは全く動じた様子は無かったですね。シャルエルに至ってはころころ笑っていたよね。あこの部分はちゃんとした伏線だったんですね。ギャグパートだとばかり(笑)

名前を尋ねる厚志。そしてこう続ける。
「我々に敵対した君を放って逃げるわけにはいかない」
「だが・・・」
筋肉に力が入り、気が高まる様子を見て、モカが驚いた様相を見せる。

「今のが効かない相手を
無傷で仕留める自信はないがかまわんかね?」

魔力を拳に集積し、戦意を剥き出しにする厚志。
ここの部分の絵が非常にカッコイイです。筋骨隆々で、聳え立つ感じがたまらん。カッコ良すぎる。ただし、存在を自重しない股間のふくらみを除いては(笑)

殺しはしない・・・・・・

向かい合って立つ二人を中心に空間が歪む。
東軍ツアーでジロウさんが言っていた現象のように落ち窪んだ状態に。

サイド・チェスト
フルパワーーーっ!!


ファーストアタックを仕掛けたのは厚志。
まずはサイド・チェストでマスケレイタを弾き飛ばし、続いて手を緩めず

ラット・スプレッド
フルパワーーーっ!!!!


厚志の背部から無数の光線が発射され、手数で圧倒しようとする。
しかし、マスケレイタは、その無数の光線を得意の高速移動によって往なしながら前進。

「見事!!!」
その行動を見た厚志が、手の平をばっとひらげ一喝する。
突如マスケレイタの体は硬直し、その隙を狙って厚志の攻撃が炸裂。
大規模な爆発によって吹っ飛ばされるマスケレイタ。
体中に罅が入り、口から血を吐く。

「君はダブル・バイセップスを最初に受けた」
そう、マスケレイタの体の自由を奪ったのは、桜戦でも使ったダブル・バイセップスによる操作能力のため。
ただの牽制したのではなく、先読みしての牽制。厚志スゲー!!
さしものマスケレイタも操作能力には少し焦りを見せる。

「降伏したまえ
殺しはしないし 相談にも乗ろう」

圧倒的力の差を見せつけ、降伏を求める厚志。
しかし、マスケレイタ先ほどの焦りも消え至って冷静。

そして、次の瞬間・・・
「厚志さん!!! 右!!!
「!!!」
ミルココの声に反応し振り返る厚志。

「やはり感知能力は 貴様の能力ではないようだな」

突如横合いから走行してきたマスケレイタのバイクに跳ね飛ばされる厚志。
空中で体勢を崩し、立て直す前に厚志の延髄にマスケレイタの膝蹴りが浴びせられる。

「貴様のような能力者が一番苦手だ」

厚志は昏倒し、変身まで解けてしまう。
それを見たモカさんがマスケレイタに飛び掛かるも、さも有り何。一瞬にして意識を奪われてしまう。
モカさんの肩のカメラの向こう側のミルココに向かって二人を人質に、ミルココの命と交換だと要求する。
カメラの向こう側では完全に青ざめているミルココたち。あの厚志が中級魔族に負けてしまった。何かの冗談だと言う様に信じられない様子。


所変わって、教会。
レッドに吹っ飛ばされる桜。
前回、負けたことがそれなりにショックだったのかイキナリ修行を始めているようだ。
しかし、かなりボロボロ。下級魔族以下の状態でレッドたちに対峙しているため。
アクアマリンに止められるも
「力があると力に頼っちまう
今必要なのは技と感覚の研ぎ澄まし・・・・・だ」

1回の戦いで、マスケレイタの強さの秘訣に気付き、自分もそれを見に付けようとしている。

続けようとする桜に対し、ボロボロの様子を見てレッドはたじろぐ。
そんなレッドのやる気を出させるために桜の取った行動は・・・

フニフニ
「おーいい感触」
ガーネットの胸を揉みしだく(笑)

まあ、当然ながらレッドきゅんMAXブチ切れ☆
「ふ・・・ふはは・・・ちょーヤル気でちゃいましたー
全力全開
リリ狩るマジ狩るがんばりまーす


大火炎装甲拳インフェルノ・アーマーナックル
イキナリ大技。自重しないレッドきゅん。

「え?生きてる?」
そのコメントは酷いよガーネット。
「ちょっと掴めてきたな・・・自然体と脱力がポイントか・・・
今のはマジ死にそうでよかったぜレッド」


「ああ 正直8割方殺す気だったから」
おいおい。そりゃ、イエローさんも突っ込みますよ。

「今日は限界だな・・・まぁ礼だ 受け取れ
ガシッっと肩を掴まれ引っ張られた先は・・・
なんとガーネットの服の中。柔らかい二つのお山がレッドを包み込む。やったじゃんレッドきゅん。
「アイアムキューピッド」
(笑)
しかし、この天国は一瞬で地獄に。
ガーネットがレッドにパイルドラーバーをお見舞いする。ひぃぃぃっ。
ああ、先生が真似すんなよってわざわざ忠告文を入れてるので、本当に真似しないように。パイルドライバーに限らず、プロレス技は往々にしてどれも危険なので本当に気を付けろ。

その後、同日深夜二時五分。
教会のドアを激しく叩く者が・・・。
「・・・なんだよ こんな時間に」
シスターダイアモンドがタバコに火を点けながらドアに向かう。
「あーはいはーい 神なら留守だよ
休暇とってベガスに行ってる」

ちょっ、先生このセリフ、どっかで似たようなの見たことあるんですが(笑)

扉を開けたらミルココたちがいて、固まってヒビまで入るシスターダイアモンド。
「薬と武器の密売してそうな台詞ね」
「どこの暴力教会だここは」
ああ、やっぱり(笑)
よし、アニメ化の際はシスターダイアモンドは唐沢潤さんは決定だ!!!
あとは、ゴールドメタリックのデザートイーグルを片手でぶっ放すババアがいれば完璧だね(笑)

ミルココたちが、教会を訪ねたのは厚志の救出に協力して貰うため。多分、主に桜を当てにして来た感じでしょうか。
救出作戦を立て、桜やシスターエンジェルのみならず、デーモンジャーの協力も得られることに。なかなかすごいメンツに頭数になった。

そして、感知されていたのかマスケレイタが教会に向かって直進してくる。
バイクが空飛んでるのは、やっぱり魔族だからなのだろうか。
バイクからマスケレイタが飛び降りたのを視認して、全員による一斉掃射を浴びせる。
しかし、マスケレイタは足に防壁を張り、円錐状に防御して降下。この動きはツェペリさん!!

無傷で着陸。
そこへすかさず、桜が全力で仕掛ける。
吹っ飛んだのは桜の方だった!!
一瞬を逃さずに攻撃を仕掛けたにも関わらず、往なしカウンターへ転じたマスケレイタ。
そして、桜の意識は喪失し、変身まで解ける。
ん?えっぇぇぇ!!
って前回と一緒でビックリしまいした。今回は、桜が全力な様子だったので、ページを戻って2度見してしまった(笑)

圧倒的戦力差をもって望んだにも関わらず、一瞬にして圧倒的な絶望へと摩り替わる。
シスターアクアマリンの表情が凍りつく。
何・・・・・・
コレ・・・・・・




うぇええええ!?な展開の12話。
全開も桜がやられてビックリしたのですが、今回はもっとビックリ。
本当にどういうことって感じですね。
明らかにあれは桜の全力だと思ったのですが・・・、ああもあっさりとやられてしまうとは。
剛拳では勝てないのか。ジョイヤー!ペチペチペチ・・・では勝てないのか!!
やはり激流を制するは清水なんでしょか?こ・・この動きは・・・・・・トキ!!

でも、この展開は面白いですよね。
主人公側が圧倒的に強くて毎回勝ち進むのも、漫画として面白くないですからね。
マスケレイタの登場とその強さは、ジロウさんの剣の技のような技巧による力に対する対応みたいな感じでしょうか。
ジロウさん相手では強すぎるので、マスケレイタの力に頼らない技を相手させることによって厚志や桜を一段階昇華させる目的があるんじゃないかなと思いますね。でも、厚志は合気道やってたよね。桜の底上げかな。

厚志が負けた部分について。
う~ん、これについては完全に負けたと思っていません。確かに、残心を怠ったせいなのですが、あのバイクはズルイよ。あれが無ければ、厚志が買ってたんじゃないかなと。腑に落ちない。納得いかない。

マスケレイタの目的
何でしょう。天使に対する異常なまでの執着心。本編ではぶっ壊れた復讐者じゃないかとココアは言っていたのですが、目的はやっぱり復讐なんでしょうか。天使と見れば見境ないのがすごいです。
しかし、天使以外は殺さないという不思議。
あれだけ、天使には容赦がないのに、自分に殺気を向けた厚志に対しては「殺しはしない」と言ったり、桜にも止めを刺さなかったりで、ここも何かありそうですね。
で、今回の目的はミルココなんですが、シスターエンジェルも天使なんですよね。危なくない?レッドきゅんは、踏ん張らないとガーネットがやられちゃうよ。

シスターダイアモンド
予想通りと言うかなんというか、やっぱりモデルは彼女だったんですね(笑)
全開もDVD借りてきてとか言ってたし、今回はモロ。
てか、暴力教会って言っちゃった。
DVDや漫画見て真似をしていたなら、シスターダイアモンドは中二病ですね。

ダブル・バイ・セップス
あれは二つの効果があって面白いですね。
で、会議の時に効かなかった二人は伏線だったことに今回で気付きました。
桜戦では、あまりそんな感じで使ってなかったからなあ。
ベルベリオン・・・。彼は案外御しやすいのか。


あっさりと負けちゃった桜。多分、起き上がった時は、どこかの戦闘民族よろしく、コツを掴んでパワーアップしてる気がします。しかし残された面々で、桜が復活するまでの間どうやってマスケレイタと対峙するのかが非常に楽しみです。そんな戦力で大丈夫か?

あっ、レインのコラム(笑)
なんてこった。次回のレインは厚志が出張か。なんという胸熱。んなわけがない(笑)
ブレイド内でもかなりの異色作で通ってるみたいですね。


関連リンク
月刊コミックブレイド 1月号 前代未聞の魔法少女もの
コミックブレイド11月号 魔法少女プリティ☆ベル 第11話
関連記事
スポンサーサイト
『猫神やおよろず 神饌音盤 巻の三』 応援バナーキャンペーン
コメント
「むぅ、あれは(略)」「知っているのかミルココ!」多分そんなノリ
vs狂犬戦は力との戦いで、vsディープワンズたち戦は数との戦い。
今回は技との戦い、という感じですかねぇ。
このままバトル漫画のノリで相手の技を学習するのか、それとも技が通用しないほどの圧倒的なパワー(ペガサス以外も召喚して欲しい)で乗り切るのか。
きっとどっちもハズレてくれるでしょう。想像の斜め上的な方向で。

それにしても、マスケレイタはいったいどんな能力をつかってるんでしょうね。隠蔽系か、あるいは幻惑系の能力っぽいですが。名前通りなら隠蔽系なんですが、名前の通りの隠蔽って隠せてないですし。
これで本体がバイクの方だったら笑う。
きっとその辺は次回ミルココが解説してくれるでしょう。流石に目の前で起こっている現象の説明ができなかったら、ミルココの存在意義がヒドイコトに。
2010/11/07(日) 14:49 | URL | カリョウ #qsvP4ThM[ コメントの編集]
Re: 「むぅ、あれは(略)」「知っているのかミルココ!」多分そんなノリ
マスケレイタの攻略は、桜に技を学習させたいという意図がすごく感じられるんですが、ホントにどう出てくるでしょうか。エリちゃんはリィン・ロッドが無いので今の所変身できないですしね。奇をてらった展開で来て欲しいなという期待感でいっぱいです。

マスケレイタの能力はやっぱりマスクよろしくで隠蔽なんだと思うんですが、彼魔力は隠せるんですが殺気は駄々漏れでイマイチ能力としてうまくないですよね。アサシンには向いてない。ライダーだから別に良いんですが。
隠蔽以外に考えられるのは、あの速度ですね。バッタの能力?
>バイクが本体
それは酷い(笑)
ミルココは解説役は、まあそうですね。見せ場がそこしかない(ぉぃ)
2010/11/08(月) 23:47 | URL | Barrage71 #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Barrage71

Author:Barrage71

自己紹介
ローザさんまじ天使

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
DigitalClock
twitter

Barrage71 < > Reload

バナー応援中
『がんばれ!消えるな!色素薄子さん』第4巻発売中

『春風いちばんっ』全2巻発売中
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
RSS
リンク
Xbox Friends
投票BOX
投票終了
投票して下さった方々ありがとうございます。