CAVEのSTGを中心に、他にも漫画やアニメについて触れる趣味のブログ

大復活雑記 11/30 ゲームモード紹介 その2

前記事の続き
「Arrange A」怒首領蜂大復活 ver L
前作「怒首領蜂大往生」の自機と一部のシステムを用いて大復活をアレンジしたモード。
大復活ver1.5との大きな違いは自機もそうですが、やはりハイパーではないでしょうか。
自機のショットスタイルは大復活のパワスタ。ハイパーについては大往生を踏襲したハイパーアイテム仕様。ハイパーゲージが溜まるとハイパーアイテムが画面上部から降ってきます。最大5つまでストック可能で、ストック数に応じてハイパーの持続時間が変わります。また、大往生と同じくハイパー中にハイパーを溜めることも可能。ハイパーアイテムは画面上部から降ってきて、画面底部にぶつかって反射し画面上部に消えていくので取り逃がしに注意。ハイパーアイテム自体が寄ってくるので、殆ど取り逃すことはないですが。
そして、ハイパーで一番変わったのがハイパー中のショットの処理。
 
左が「NORMAL」ショット、右が「BOOST」ショット。
ハイパー時の「NORMAL」ショットは、敵弾を破壊できないものの触れることによりHit数が大幅に上昇。逆に「BOOST」時はHit数が上がらないが、敵弾を破壊することができる。また、「BOOST」時は、ショットやレーザーの威力が強力になる代わりに、ハイパーの持続時間が短くなるという特性があります。これを利用して、普段は「NORMAL」ハイパーによってHit数を増加させスコアアップを狙い、敵弾に追い詰められたら一瞬「BOOST」ショットに変更して回避。そしてまた「NORMAL」に変更してスコアを狙うというプレイスタイルがセオリーとなります。

蜂アイテム
 
こちらもver1.5と変更がなされています。緑がなくなり、白と黄の繰り返しとなりました。最初の出現色は白。
左が黄。点数の計算が変わっています。Hit数×500点。
右が白。Hit数×50000点×2。
点数が大幅に変わってくるので取り逃しは許されない!!

その他、裏ルート、2周目についてもver1.5同様存在します。条件も同じ。

実績
少ないもののそれなりにあります。しかし、意外と辛いものが多いのでそれなりの実力が必要となります。10万Hit、]-[|/34<#!については2周目に突入必要があり非常に高難度。

ver1.5と比べて高難度ですが、ハイパーによるHit数稼ぎが非常に面白くスコアもひたすら上がっていって良いアレンジとなっています。発売2日目で]-[|/34<#!を撃破していることにびっくりした。リプレイを拝見させて貰ったのですが、あれは人類のするゲームじゃないなぁ。と、思わされました。それぐらい難易度は高い。しかし、いつかは到達したい目標でもありますね。
あとアナザーストーリーなのにも注目。コンティニューしても1周目でEDは見れるようになっています。しかしあれだね、レイニャンファンには良かったかもしれないが、他のドールファンにとっては若干しこりが残る(笑)ショーティアでもいいじゃないか!!


「Arrange B」
大復活を元に、かなり変わったアレンジを施されたモード。
特色は、自分でステージを育てる。
自分のプレイスタイルによって難易度が常に変動する。得意なところはより難しく。苦手なところは簡単に。かつてこんなSTGがあっただろうか。短時間で終わる上、プレイするたびに毎回変動するので非常に面白く。発売日からヤミツキになってしまいました。
過去のインタビューでは、通しプレイが可能となっていたのですが、残念ながら仕様変更か、間違っていたのか、ステージごとのプレイとなりました。その点は非常に残念です。
このモードは、全部のシステムが大復活と大きく違っているので注意が必要です。
まずスタイルは廃止で、スタイルの変わりに自機につけるカスタムを3つから選択します。選ばなくても良いし、全選択も可能。

ボムカスタム
ボムの威力を上げるカスタム。かわりにハイパーゲージが溜まり難くなる欠点が。

レーザーカスタム
カスタムなしのレーザーには射程が存在するが、カスタムを装備することでロングレンジでのレーザー射撃が可能となる。欠点は自機速度が遅くなる。

ハイパーカスタム
ハイパーの発動時に短い無敵をつけるカスタム。欠点は、ハイパーの持続時間が非常に短くなること。

以上の3つから自由に選択することができます。どれを選んでも一長一短。好みのを選ぶか、ステージの成長度にあわせるかは、自分次第。

自機
ver1.5同様、3機体用意されている。ショットについてはver1.5と同様だが、レーザーについては大きく違う。レーザー時はオプションからもレーザーが発射される。TYPE-A~Cになるにつれてレーザー時のオプションの位置が自機から遠くなる。赤だと前方。緑だとすぐ脇。青だとさらに離れた位置といったようになる。

グリッド
背景に色のついたグリッドが表示され、その色に応じて敵弾の状況が大幅に変わる。
青グリッド
敵弾が高速弾モードとなる。弾幕密度は小さいが、非常に高速となるため高ランクでレーザーカスタムだと非常に辛い。

赤グリッド
敵弾が弾幕モードとなる。弾幕密度が大きくなる。高ランクほどハイパーで破壊可能な赤色の敵弾が多く混じるようになるので、ハイパーカスタムやボムカスタムをつけていると非常に辛い。

緑グリッド
スコアを更新した状態で、緑のグリッドとなる。難易度が急に高くなるので注意が必要。

蜂アイテム
ver1.5と同様の3種類であるが、効果は違う。得点ではなく、グリッドの制御に用いる。
緑→青グリッド、黄→赤グリッド、白→グリッドリセット。ハイパー中白→緑グリッド。

成長したボスの弾幕はこんな風に自重しなくなる(笑)
 
左がスザク08。右がアイ。

 
左がエクスィ一段階目。右が二段階目。これは酷い(笑)

実績
やりこまないと解除されない実績が多く非常に難しい。気長にやるのが吉です。

発売日からver1.5より激ハマり状態となってしまいました。飽きたらこちらをやってることが多いですね。敵弾が激しすぎて噴きそうになることがしばしば。やっと合計1200万点を越えたところです。5000万点への道のりは非常に険しいですが、頑張りたいですね。ステージごとに終了しますが、ここがクリア地点、ここが終了というところがないのが、このモードの面白いところではないでしょうか。
あと、説明書の蜂アイテムの謎というのが非常に気になります。]-[|/34<#!や大佐蜂が出るとかそんなのでしょうか?追記 12/3 おそらくハイパー中白蜂取得で緑グリッド制御のことだと思われる


「ver1.51」
2010年8月にUDXで行われたケイブ祭りに出展されていたケイブ祭り仕様の大復活。「ver1.51」という表記通り「ver1.5」を元に改良が施されたモード。ver1.5とBLとの間の子みたいなゲーム。

自機やスタイルについては改良はそれ程施されていないものゲーム性が大幅に違う。
 
蜂アイテム緑がボムアイテム扱いとなっている。またオートボムは、ボムを2個消費に変更されている。ボムボタンとハイパーボタンが同様で長押しでハイパーとなる3ボタン仕様。Hit数が上がりやすく、素点も高く、ハイパーゲージも非常に溜まりやすく軽いノリで楽しめる。スコアも爆発的に上がるインフレゲーで適当に遊んでいても、ステージ1で1stエクステンド。その後2ndエクステンドも簡単に狙える。スコアインフレゲーが好きな人には非常に楽しめる。難易度は、「ver1.5」より若干高め?デンジャー君を破壊するとステージ1でもレーザーの軌跡部分から弾が拡散したりする。DLCのため説明がなく、どういうゲーム性なのかがハッキリしていないのが非常に残念。
初回生産を買わなかった人は、ちょっと損するかなあというぐらい、これはこれで面白いです。


と、「怒首領蜂大復活 ver1.5」は全体的にはこんな感じのゲームです。買おうかなやってみたいなと思っている人の参考になれば良いなあ。
関連記事
スポンサーサイト
『猫神やおよろず 神饌音盤 巻の三』 応援バナーキャンペーン
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Barrage71

Author:Barrage71

自己紹介
ローザさんまじ天使

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
DigitalClock
twitter

Barrage71 < > Reload

バナー応援中
『がんばれ!消えるな!色素薄子さん』第4巻発売中

『春風いちばんっ』全2巻発売中
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
RSS
リンク
Xbox Friends
投票BOX
投票終了
投票して下さった方々ありがとうございます。