CAVEのSTGを中心に、他にも漫画やアニメについて触れる趣味のブログ

魔法少女プリティ☆ベル 第2話

最近アクセス解析を見る限り、このブログに魔法少女プリティ☆ベルで検索して辿り着かれる方が多いようです。
やはりここは2話目も感想を書くべきなのかなあと思い、遅まきながら感想を書くことにしました。

その前に取り上げておかねばならないことが・・・。


当ブログがGoogle先生に検索キーワード「高田厚志」と入力すると、検索結果の1番目に来ることが発覚!!!(1月11日現在)
どうやら「厚志、厚志」連呼しすぎたせいの様だ(笑)
まさかの検索結果1位
画像は日本語の検索結果ですが、ウェブ全体でもどうやら1番目の様です。
一時のことはいえ検索結果1位を取れたことが嬉しいです。例えキーワードが「高田厚志」でも(笑)
いや、厚志好きですよ普通に。もうね、このブログ。「高田厚志」応援ブログでもいいよ(笑)

では、コミックブレイド2月号 魔法少女プリティ☆ベルの感想です。

1ページ目の1コマ目から厚志登場。
やあ、厚志1ヶ月ぶりだね(笑)
どうやらジムのエアロビのダンスレッスンの様だ。
相変わらず好い笑顔じゃないか。さりげなくリィン・ロッドを小さくしてネックレスにしているのがポイントですね。
まあ、厚志は置いておいて。高田ジムの前で暇そうに座る双天使ミルクとココア(ミルココ)。うん仕方ないよね。前回含みは残しつつも魔王様と和解しちゃったもんね。敵なんて来ないよね。
そんな暇そうな二人にとある人物が声をかける。
「高田厚志さん いらっしゃるかしら」
そう声をかけてきたのは、前回の敵、ダッチ・アイスの奴隷「ザイニン」の女の子だった。
『あ・・・ 筋肉フェチの子だ・・・』
前回ちょっと取り上げにくかったんで取り上げなかったんですが、ダッチ・アイスの横に「ザイニン」の中で唯一女の子の「ザイニン」がいたんです。
しかも、その彼女厚志を見るなり頬を染めて、あろうことか「あ。好み♥」と呟いてたんですよ。
マークですよ。それはそれはびっくりです。
容姿はショートカットの左目が邪眼持ちのきょぬーのナイスバディな美人さんです。
むしろ私が「あ。好み♥」と言いたいです(笑)

そんな彼女の用件ですがボディーガード兼スパイだそうです。

「無理にでも居座らせていだただきますので家政婦として遠慮なくお使いください♥」

うおおおお、押しかけ女房ktkr ヤバイもじもじしてる姿が半端なくかわいい。
名前は邪眼の病魔「モカ」。特技はガンドを用いた暗殺。
この怖い自己紹介は、恋する乙女の顔でされました(笑)
ちなみにガンドと邪眼は、厚志にとっては「ちょっと縛られるような抵抗感」だったようです。
( ゚Д゚ ) え?

自己紹介を終えもう厚志と打ち解けるモカ。スパイは名目上の理由であり、前回出てきた北の魔王ドゥール・ヴァリオンからの友好の証として厚志の護衛を任されたと話す。
楽しそうに話す厚志に暗殺者だからと嗜めるミルココ。
殺すつもりならすでに殺していると、ミルココでは頼りないと煽るモカにミルココは剣を向ける。
その剣を素手で握りつぶしながら
「油断して変身も変身もさせずここまで近づかせる そんな間抜けなレーダーじゃ不安だと言ってるのに・・・」
と、一触即発状態。
ガチバトル勃発しそうな空気を「ケンカはそこまでね」と割ってはいる厚志。
厚志基準では彼女たちの戦いはケンカだそうです(笑)

話を再び戻してモカに何ができるか厚志が聞くと、家事一通りと栄養士免許と調理師免許を持っているとのこと。

「ぜひうちに来てくれ」
「がんばりますっ♡」

厚志ぃぃぃぃ!!貴様ああああ、羨ましいぞぉ!!!
敵だ、危険だと嗜めるミルココをスルー。仕方ないので、厚志に考えがあるのだろうと様子を見ることにするミルココ。

ところ変わってとあるBAR。
魔法少女プリティ☆ベルの出現でまた大人しくしていなきゃいけないなとぼやく魔族たち。ちなみに彼らはプリティ☆ベルは女の子だと思っています(笑)
「双索敵手(ツイン・レーダー)」(ミルココのことです)は300m以下に近づくと気付かれると話していると、俺たち兄弟の敵じゃないと吹く影が二つ。
「囮(デコイ)のマッド」と「狙撃(スナイプ)のリカルド」
弟のマッドが誘き出して、リカルドが狙撃するというパターンだそうだ。
しかもリカルドの銃の有効射程は4キロでミルココの10倍でも問題ないと、プリティ☆ベル・キラーの称号は俺たちがいただくぜと意気揚々とBARを後にする。
窓辺で寝ていた男が、ミルココの精密索敵範囲は半径20キロじゃなかったけと噂を思い出すものの、相手が女の子なら喧嘩できないと放置。
ああ、フラグがたった。

戻って高田邸。
厚志はモカに4人の魔王、天使と魔族とプリティ☆ベルの立ち位置、天界と魔界の成り立ちを聞く。
そこへミルココが魔族を探知し、こちらへ向かっていることを伝える。
どうすると聞く二人に厚志は
「とりあえず 職務質問だね」
と好い笑顔で答える。
うん、あの二人終わったな。
というか、そろそろ来そうだな。アレが・・・。

高速飛行する二人に
「もしもしちょっといいかな?」
と声をかける影。
ヤバイ、ヤバイこの感じは・・・。

「我々の街に何の用かね?」

うわああああああああああ

喜色満面に腕を組みながら飛ぶ厚志の姿が(笑)
見開きで思わず二人と一緒に叫びそうになったよ。
歯茎こえええ。

思わず、上級魔族の防御障壁すらブチ抜いて体内で爆発するという徹甲炸裂弾振り向き様にブチかますリカルド。

サイド・チェストフルパワー!!!

ちょ、まさかの無傷と謎の障壁。そして、やはり満面の笑み。こええええ。そりゃ二人の目も飛び出ますよ。

「人をいきなり撃つのはよくないなぁああああ・・・」

サイド・トライセップス!!!!!!
肩からの謎のビームが二人を襲う。自分もいきなり撃ってんじゃねーか(笑)
ちなみにこの場面、厚志は空中に浮いてるんですが4枚の透明の翼が背中に、2枚の翼が足に付いてます。
不気味です(笑)

ビームにやられ墜落する二人。
「何なんだお前はあああああっ」
ダメぇ、名前聞いちゃらめぇえええ!!!
来る、来る、来るぞぉ!!!

魔法少女プリティ☆ベル
参!!上!!!

はい、きたー。決めポーズドーン!!パンモロドーン!!!
KAKERU先生、好いショットをありがとうorz
「ふざけんなぁぁぁあああああああ」
そりゃ言いたくもなるわ(笑)

「男じゃねぇか!!めちゃくちゃ男らしい男じゃねぇか!!男の中の漢じゃねぇか!!!」
「はっはっは ほめ言葉と受け取っておこう」
「ほめてねぇよ!!!」

いや全くだ。

一度逃走を謀り、遠距離から仕留めようと考えるも、20キロ圏内では撃つ前から分かるので無駄だといわれ青ざめるリカルド。300メートルと勘違いしてたもんね。
自分たちがいる限り、プリティ☆ベルにはガチンコ以外で勝つ方法はないと言われ、何かのセリフと共に攻撃しようとしたものの、まさかの厚志の先制攻撃。
ダブル・バイセップス!!!

そして次々に繰り出される厚志の攻撃。

ラット・スプレッドフロント!!!
アドミナブル・アンド・サイ!!!
ダブル・バイセップスバック!!!
ラット・スプレッドバック!!!
アドミナブル・アンド・サイ!!!


厚志の攻撃に屈しまいとするリカルドとマッドの心象風景が描かれる。
でも何故かBL調。いやぁあああ。ビクン、ビクンすんな(笑)

そしてついには改心してしまうリカルドとマッド。
厚志の懐の深さに後光まで見える始末。
とうとう兄貴と呼んで慕うほどに。
あ、前回もそうだったけど今回も敵は無傷という不思議。
どっかの不殺の剣豪を超えたな(笑)

戦いを終え、モカの歓迎パーティーを開く厚志たち。
パーティーの後、自分を疑っているかと問うモカに、全く疑っていないと返す厚志。
ミルココは対象を見ただけで、対象の危険度、かけられた魔術などを見抜く能力があり100%安全であることを確認した上で厚志にモカを会わせていたことを教え、自分もそんな二人に全幅の信頼を寄せていることを話す。
そのことを聞いてモカは、自分がミルココに言ったことを思い出し顔を曇らせる。
そんなモカの姿を見て、厚志はモカを敵陣に送り込むドゥール・ヴァリオンの読めない真意を測ろうとする。
このコマに厚志の本来のカッコ良さが集約されていて好いですね。

またところ変わって魔界。
北の魔王ドゥール・ヴァリオンと南の魔王シャルエルの会話シーン。
北の魔王が今回のスパイの表と裏の意図を話す。北の魔王は、実はまだ裏の裏というのを隠しているようでかなりの狸のようです。
南の魔王様は、ぷりんぷりんでした。かわいい。やたらえっちぃです。しかも、どうやらショタコンのようです。ヒャッホー!!北の魔王との通信後、なんかそれっぽいことをやるみたいですよ。oh!!!
北の魔王は、拘束制御術式零号解放後の伯爵アーカードみたいな感じ。

再び高田邸。
ダッチ・アイスやえりちゃんたちとサムスピらしきゲームをするミルココにモカが間抜けなレーダー発言を撤回して謝る。ええ子やぁ。

そして、BARに戻ったリカルドたちは他の魔族に厚志と事を構えるべきでないと主張する。
そこへ先ほど窓辺で寝そべっていた男が入ってくる。血相を変える二人。
他の魔族が桜と呼ばれるその男に、プリティ☆ベルは男であることを伝えてしまう。
名前が高田厚志で2メートルのボディビルダーであるとしると途端に顔つきが変わっていき凄まじい形相に。
「厚志の兄貴がやべぇっ!!!

そして次号へ。
いやぁ、今回も面白かった。
さすがに1話目の時の導入のためのインパクトではなかったけど、それでも十分なインパクトがあった。
ギャグで構成しつつシリアスも入れていけるというのは、すごいなあと感心するばかりです。
んで、やっぱり厚志で行くんだね。
うん、もう連載終了まで付いていきますよKAKERU先生。
そして行く行くはアニメ化ですね。わかります。
誰得とは言わせない。俺得だ!!!

今回は新たな仲間も加わり、そして各魔王の紹介に世界観の紹介、新たな敵の出現とかなり盛り込まれていたように思います。思わず長々とこんなところまで書いてしまうほどに。
次回は桜との激戦と柱の煽りに書かれていましたが、今のところ無傷で事を済ませている厚志がどうでるのか楽しみです。やっぱり無傷で勝ってしまうのか、ついには攻撃してしまうのか。はたまた負けてしまうのか。そして、その時の厚志の心理描写はどうなのか。北の魔王の本当の目的は何なのか。30日の発売日が待ち遠しい。

おまけ
サムスピの使用キャラは多分こう。
ミルク 炎邪(赤鬼、紙装甲)
ダッチ・アイス ナコルル(アイヌ)
えり 覇王丸(酒気帯び侍、強攻撃)
モカ ナインハルト・ズイーガー(モヒカン、ロシア、筋肉フェチ)
ココアはやってない。
やっているシリーズはサムライスピリッツ天下一剣客伝かな。
昔はSNKの格ゲーやってたけど、MVS(NEOGEO)じゃなくなってから全くやってないので当たってるかはよく分からない。


関連リンク
月刊コミックブレイド 1月号 前代未聞の魔法少女もの
コミックブレイド3月号 魔法少女プリティ☆ベル 第3話
関連記事
スポンサーサイト
『猫神やおよろず 神饌音盤 巻の三』 応援バナーキャンペーン
コメント
No title
高田厚志をググったらここkのいたどり着きまいしたw
2011/04/12(火) 21:25 | URL | (・з・) #-[ コメントの編集]
Re: No title
>(・з・) さん
あれなブログですが、良かったらまた来てやってください。
しかし、まだ検索結果が1番目だったとは・・・驚きです。
2011/04/12(火) 23:41 | URL | Barrage71 #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Barrage71

Author:Barrage71

自己紹介
ローザさんまじ天使

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
DigitalClock
twitter

Barrage71 < > Reload

バナー応援中
『がんばれ!消えるな!色素薄子さん』第4巻発売中

『春風いちばんっ』全2巻発売中
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
RSS
リンク
Xbox Friends
投票BOX
投票終了
投票して下さった方々ありがとうございます。